イモ女!覚醒します

イモ女目覚める

みなさんイモ女と言われた経験ありますか?

私がイモ女と呼ばれ始めたのは高校生の時でした。

中学校を卒業した後、両親が離婚しました。
そのことをキッカケに東京の高校を受験しないといけなかったんです。
無事受験も上手くいって、そこそこの偏差値がある高校へ行けました。

勉強は別にキライじゃなかったので、自分が行きたいと思ったところに受かって
とっても嬉しかったのを覚えています。

でも高校初日。私は愕然としました。
周りの女性たちみんながキラキラしていて、「これが都会の子か」と
感心しました。

同時に自分が恥ずかしくなって、なんで自分は東京にいるんだろうって
ちょっと泣きそうになったことも。

でもお金に余裕がなかった私の家庭は、自分の見た目に気を使う余裕なんてなく。

自分で稼いだお金もすべて教材と授業料を払うために消えました。

あの頃の最低時給は、なんと700円。
今は高校生でも1,000円とか普通みたいですが、私の時はそんなんじゃありませんでした。

だから出勤日数が多いし、週末もフルで働いて自分にお金をかけるなんてことはできなかったんです。
働いてばっかで友達も少なく、3年間でできた友達はたったの3人。
学年が上がるごとに1人って感じですね笑

まあ、あのころは「笑」なんて状況じゃなかったんですがw

それから大学を志望するわけでもなく、高校卒業してすぐに働き始めました。

でも1ヵ月くらいで辞めました。その理由は、新人イジメがひどかったから。
しかも同じ女性からですよ?

その時に「イモ女がなんかピーピー言ってるwww」って言われたんです。

もうそっからぶち切れて、その日で上司に「こんなとこ辞めます」って言いました。

イジメが続いていて、その証拠をとってやろうと思いスマホでその女性達の暴言を録音していたのですぐに辞めれました。

「辞めます!」っていった後は、上司に変な顔をされて、理由は?どうしたの?と心配されました。
でもその心配顔もその録音を聞かせると、どんどん青ざめていきました。

その光景を見るのは楽しかったですが、一刻も早くその場から出たかったので途中で切って「これが理由です」と言いました。

上司からは「こいつをクビにするから辞めるな」って言われましたが
もう怒り心頭だったので、聞く耳を持たずそのまま退散。

あんな爽快な辞め方をしたのは人生で初めてでした笑

そこで私決めたんです。

「二度とイモ女なんて呼ばせない」と。

でも今まで美容関係に興味ないフリをし続けていたので、化粧品をひとつももっていないんです。
もちろん顔の毛を整える、毛抜きくらいは持っていますよ。
でもそれだけ。
ファンデーションとか口紅とか、アイシャドウとか何にもわかりません。
どの色が自分に合っているのかとかも知らないし、ウォータープルーフの意味も知りません。

友達が教えてくれようとしたけど、バイト代を学費につぎこんでいたので買えないとわかっていたんです。

一緒に暮らしている母親の化粧品を借りて練習しようかと思いましたけど、母親も必死に働いて買った安い化粧品だったので申し訳なくて手が出せませんでした。

もちろん今まで彼氏ができたこともなく、男関係はゼロ。

男友達もいませんし、今までのバイト先でも色恋沙汰なんてなかったです。

どうやってイモ女を脱出すればいいのか。

私も女だから、男を意識すればちょっとは自分の意識も変わるんじゃないか。

と変な考えにいきついたんです。

もう今は24歳ですが、高校の時はこれでも片想いくらいは経験しています。

1年のころに一目惚れした男の子を3年までずっと片想いしていました。

「なんで3年も!」

と思うじゃないですか。
私も2年のころに告白しようと思ったんです。たまたまクラスがかぶったから。
でも、相手も年頃の男の子。
気になる相手がいたのか、いつの間にか彼女ができていたんですよね。
帰りにクラスまで迎えに来る女の子と一緒に帰っていました。

とってもショックでした。

それで勝手に玉砕したんです。

あれほどのショックを2回も経験するなんてムリだと思います笑

男を意識するにはどうすればいいのか。

水商売も考えました。男性相手に接客をする仕事なら、イヤでも見た目に気を使う必要があります。
先輩キャバ嬢にメイクの仕方とか教わればいいんじゃないかなって。

でもそもそも私コミュ症なんで、そんな仕事はムリだって気付いたんです。

それでネットを通じて男性とやりとりできるサイトを探していました。

そんな時に見つけたのが、メールレディだったんです。

男性とメールすればお金儲けができる職業らしい。
もう既に本業があるけど、スマホあればできてシフトもないみたいだったのでさっそく登録しました。

この続きは次話しますね。